筋トレ

筋肉と脂肪の関係を徹底解説!筋肉量を増やして脂肪燃焼する方法3選

更新日:

筋肉と脂肪の関係を徹底解説!筋肉量を増やして脂肪燃焼する方法3選

  • 筋肉は脂肪に代わるの?
  • 見た目を変えるには、筋肉をつけるべき?
  • 体重が増えるけどダイエットは成功?

ダイエットや筋トレ中は、このような脂肪と筋肉に関する疑問が浮かぶことも多いですよね。

ここでは、そんな疑問を解決すべく、筋肉と脂肪の関係について詳しく紹介していきます。

筋肉量を増やすことで、脂肪が燃えやすくなる理由も大公開!

筋肉と脂肪の関係をしっかりと把握して、より効率的にボディメイクを成功させましょう。

まずはじめに、筋肉と脂肪の関係について説明します。

 

筋肉と脂肪の関係を徹底解説!3つのメソッドをおさえよう

筋肉と脂肪の関係を徹底解説!筋肉量を増やして脂肪燃焼する方法3選

『痩せるためには、筋肉をつけた方がいい』とよく言われていますが、『筋トレで筋肉を増やしたけど、体重は増えてしまった』という方も少なくないはず。

これから、ボディメイクをするなら知っておきたい3つメソッドを紹介していきます。

カラダを変えたい方は、ぜひ頭の片隅に入れておいてくださいね。

それでは、ひとつずつみていきましょう。

 

①筋肉は脂肪よりも重たい!筋肉が付くと体重が増える

筋肉と脂肪の関係を徹底解説!筋肉量を増やして脂肪燃焼する方法3選

ダイエット目的で筋トレを始めたけど、体重が増えてしまったという経験はありませんか?

『体重が増えたから、ダイエット失敗』と勘違いして、運動をやめてしまう方も少なくありません。

スポンサーリンク

しかし、これは非常にもったいないことなんです。

筋肉は脂肪よりも重たいため、体重が増えるということは、筋肉がしっかりとついてきているということ。

体重が増えただけで、ダイエットが失敗したと判断しないようにしてくださいね。

筋肉量が増えていくと、自然と脂肪は燃焼されていきますよ。

 

②筋肉が増えると代謝が上がる!脂肪を燃焼しやすいカラダに変わる

筋肉と脂肪の関係を徹底解説!筋肉量を増やして脂肪燃焼する方法3選

筋肉量をあげることは、基礎代謝をあげるのに一番有効な方法だといえます。

筋肉が1キロ増えると、毎日13キロカロリーを消費してくれるようになります。

筋肉量をどんどん増やせば、運動を行わなくてもカロリーを消費してくれるようになるので、自然と脂肪が落ちていきます。

筋肉量を増やして基礎代謝をアップさせるには、筋トレがおすすめです。

この後、おすすめの筋トレ方法も紹介していくので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

③見た目を変えたい人は筋肉をつけよう

『脂肪よりも筋肉の方が重たい』ということを説明したので、筋肉の方が大きいというイメージを持たれた方も多いはず。

しかし、脂肪1キロと、筋肉1キロを隣に並べてみると一目瞭然。

脂肪の方が倍もの大きさがあるのです。

筋肉よりも脂肪の方が体積は大きいため、脂肪が多いと見た目が大きく見えてしまいます。

ほっそりしたカラダを手に入れたい方や、細マッチョを目指す男性も、脂肪を燃やして筋肉量を増やした方が、理想の体型をGETしやすくなりますよ。

ダイエット目的で筋トレに励む方も、体重だけで判断せずに、筋肉量重視するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

 

筋肉量を増やして脂肪を燃焼させる方法3選!

筋肉と脂肪の関係を徹底解説!筋肉量を増やして脂肪燃焼する方法3選

筋肉を付けて脂肪を燃やすことで、メリハリのあるボディラインを手に入れることができます。

たくましいカラダを目指す男性も、筋肉量を増やして分厚い肉体をGETしてみてはいかがでしょうか?

お腹や腰周り、太ももなどに蓄積している余分な脂肪を燃焼させることで、魅力を一気にアップできますよ。

それでは、脂肪を燃焼させる方法をひとつずつ見てきましょう。

 

①筋トレに励んで筋肉量を増やそう

筋肉と脂肪の関係を徹底解説!筋肉量を増やして脂肪燃焼する方法3選

筋肉量をアップさせるためには、筋トレが一番効果的。

そこで、筋肉量を増やすためにはどのような筋トレが有効なのか、詳しく紹介していきます。

まず、筋肉量を最短で増やすためにはビッグスリーと呼ばれる、カラダの中でも大きな筋肉を鍛えるのがおすすめ。

ビッグスリーは『背中』『足』『胸』の3つです。

この筋肉はカラダの中でも特に大きいため、鍛えることで筋肉量を抜群に増やすことが可能なんですよ。

それでは、ビッグスリーを鍛える方法をみていきましょう。

 

スクワットの方法

  1. 足幅を腰はば程度にひらきましょう。
  2. 両手を胸の前で交差します。
  3. お尻を斜め後ろに下げるように両膝を曲げてください。
  4. 太ももと床が平行になるまで下げることができればOK。
  5. ゆっくりと膝を伸ばして元の姿勢に。

この膝の曲げ伸ばし運動を15回×3セット繰り返してくださいね。

下半身を全体的に鍛えることができるだけではなく、腰周りや背中にまで刺激を与えることができます。

普段使わないカラダの部分を刺激することで、血行が促進され、脂肪が燃焼しやすくなる効果も期待できますよ。

もちろん筋肉量を増やすためには、これだけでは不十分。

最低でも5種目は、筋トレに励むようにしましょう。

スポンサーリンク

週に3回程度の筋トレでカラダを追い込むことができれば、きっと筋肉量をスムーズに上げることができますよ。

コツコツと努力を積み重ねて、理想のカラダを手に入れてみてはいかがでしょうか?

 

②有酸素運動を実践して脂肪を燃焼

筋肉と脂肪の関係を徹底解説!筋肉量を増やして脂肪燃焼する方法3選

筋肉をつけるには筋トレですが、脂肪を燃焼させるには『有酸素運動』が効果的。

有酸素運動とは、体内にたっぷり酸素を取り込んで行う運動のことをいい、蓄積した脂肪を燃焼させる効果が期待できます。

有酸素運動といえば、主にランニング、ウォーキング、エアロビクス、水泳などが代表的。

ここでは、有酸素運動で脂肪を燃焼させるコツを詳しく紹介していきます。

まず、大切なことは運動強度低めに設定すること。

例えば、ランニングの場合は息が少しあがる程度の速度で走り続けることが重要なポイント。

猛スピードで走ると、酸素を十分に体内に取り込むことができず、脂肪燃焼効果が軽減されます。

せっかく脂肪を燃やすためにランニングを行うのであれば、心拍数が少し早くなる程度で実践してくださいね。

また、有酸素運動は20分以上行うことで、より効果を発揮してくれます。

というのも、カラダは体内に溜まっている栄養を使って活動をしています。

この溜まっている栄養素がなくなると、次に脂肪をエネルギーへと変えて活動をし始めるのです。

だいたい体内に溜まっている栄養素がすべてなくなるには、20分程度の時間が必要です。

20分以降から脂肪燃焼されるため、時間にも気を付けながら有酸素運動に取り組んで頂けると、効果を出しやすいですよ。

 

③食事を意識して健康体型を手に入れよう

筋肉と脂肪の関係を徹底解説!筋肉量を増やして脂肪燃焼する方法3選

ここまでで、筋肉量を増やすとっておきの方法と、脂肪を燃焼する方法を紹介してきました。

この2つを継続して行うことで、きっと憧れのボディラインを手に入れることができますよ。

もっと効率よくボディメイクを成功させたいという方は、さらに食事の管理も徹底するようにしてみましょう。

食事管理において重要なことは、以下の2つです。

  • 筋トレ後にタンパク質を摂取すること。
  • 脂肪の蓄積につながる糖質を控えること。

筋肉はタンパク質で構成されているため、積極的に摂取することで、効率的に筋肉量をアップすることができます。

筋トレを行った後に、しっかりタンパク質の摂るよう心がけてくださいね。

また、甘いものや油ものに多く含まれている糖質は、脂肪としてどんどんカラダに蓄積するので控えておきましょう。

 

まとめ

筋肉と脂肪の関係を徹底解説!筋肉量を増やして脂肪燃焼する方法3選

筋肉脂肪の関係について、知識を深められましたか?

体重が増えると太ってしまったと認識しがちですが、筋肉量が増えただけかもしれません。

ダイエットや見た目を変えるために筋トレに励んでいる方は、このことをしっかり頭の片隅に置いておいてくださいね。


関連記事

-筋トレ

Copyright© 腹筋をバキバキに鍛える方法!筋トレや食事方法を大公開 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.