有酸素運動 筋トレ 食事メニュー

運動前にオススメの食事メニュー3選!運動効果がUPする食事方法

投稿日:

運動前にオススメの食事メニュー3選!運動効果がUPする食事方法

『筋トレを始めたけど、いつ食事を摂ればいいのかわからない』そんな疑問は、この記事を読んで解消していきましょう。

これから、筋トレをしている方が、食事をすべきタイミングについて詳しく紹介していきます。

運動前にオススメな食事のメニューや、ダイエットに効果的な食事方法も大公開!

筋トレの効果を抜群に発揮させるためにも、ぜひメニューを参考にしてみてくださいね。

まずはじめに、運動前の食事に関する3つのポイントを見ていきましょう。

 

運動前に食事をする方必見!3つのポイントを押さえよう

運動前にオススメの食事メニュー3選!運動効果がUPする食事方法

昼食後にランニングをしている方や、仕事終わりに食事を済ませてスポーツジムに通っている方は少なくありません。

そんな食後に運動をされている方に、ぜひ押さえておいてほしいポイントを3つ紹介していきます。

この3つのポイントさえ頭に入れていれば、きっとボディメイクを成功させることができますよ。

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

 

ポイント① 2時間前までには食事を済ませる

運動前にオススメの食事メニュー3選!運動効果がUPする食事方法

運動前に食事をするのであれば、食事は運動の2時間前までに済ませておくことが鉄則。

食事をしたあとは、胃腸が活発に働き始めます。

スポンサーリンク

そのタイミングで運動をすると、胃腸に大きな負担がかかってしまい、筋肉に血液を送れなくなるケースも。

せっかくのトレーニング効果も軽減してしまうので、非常にもったいないことなんですよ。

運動の2時間前までには、食事を終えるようにしてくださいね。

もし、2時間前の食事が難しいということであれば、胃に負担のかからない食材を選ぶといいでしょう。

食後すぐに運動をする方におすすめな食事メニューも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

 

ポイント② 消化が早いものを選ぶ

運動前にオススメの食事メニュー3選!運動効果がUPする食事方法

運動前に食事を済ませるのであれば、なるべく消化の早いものをお選びください。

筋トレ中は『タンパク質』が豊富なものを食べてしまいがちですが、実はタンパク質や脂質は消化が遅いことで知られています。

こういった消化の遅い食材はなるべく避けて、炭水化物を積極的に食べるようにしましょう。

炭水化物の中でも、油ものや、甘いものは消化に時間がかかってしまいます。

例えば、バナナやおにぎり、うどん、おかゆなどが、消化が早いためおすすめですよ。

このあと、消化の早い食材を含めたメニューを詳しく提案していきます。

『運動前に何を食べたらいいのかわからない』という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ポイント③ 運動後のタンパク質摂取を忘れないようにする

運動前にオススメの食事メニュー3選!運動効果がUPする食事方法

運動前に食事を済ませるという方に、気を付けていただきたい点は、運動後の栄養補給を忘れないこと。

特に、ボディメイクのために筋トレを行っている方は、運動後に筋肉の栄養素であるタンパク質を摂取しなければなりません。

スポンサーリンク

筋トレ後にタンパク質を摂取することで、筋肉の成長をサポートするだけではなく、筋肉痛を最小限に抑える効果も期待できます。

空腹ではなくとも、必ずトレーニング後にはタンパク質を摂取するようにしましょう。

タンパク質と言えば、鶏肉や魚、豆腐や豆乳などの大豆製品が思い浮かぶはず。

これらの食材でタンパク質を補うのもいいですが、プロテインで摂取するのもおすすめです。

プロテインではタンパク質以外の栄養素も効率よく補うことができるため、運動後の疲労を素早く解消できます。

今後、筋トレを定期的に行う方は、この機会にプロテインをGETしてみてはいかがでしょうか?

 

運動前にオススメな食事メニュー3選

運動前にオススメの食事メニュー3選!運動効果がUPする食事方法

運動前に摂る食事メニューのポイントは、消化早いものを選ぶこと。

消化が早いものとしては「炭水化物」が代表的ですが、ミネラル、ビタミン、鉄分などの栄養素もバランスよく摂取することが大切です。

ここでは、食事の時間ごとにおすすめのメニューを3つに分けて紹介していきます。

自分の運動と食事の間隔に合わせてメニューを選んでみてくださいね。

それでは、一つずつみていきましょう。

 

①運動30分前におすすめの食事メニュー

運動前にオススメの食事メニュー3選!運動効果がUPする食事方法

運動30分前は、消化吸収の早い食材をメインに。

食後30分しかカラダを休める時間がないのであれば、しっかりとした食事はとらない方がいいでしょう。

胃腸の負担を軽減しつつ、カラダのエネルギー量を増やせるメニューを提案します。

軽食になりますが、参考にしてみてくださいね。

  • バナナ
  • おかゆ
  • オレンジ
  • リンゴ
  • ゼリー

運動までの間隔が30分間のみならば、主にフルーツをメインにするのがおすすめ。

スポンサーリンク

これでは、食べた気にならず空腹を感じてしまうかもしれません。

しかし、このタイミングにこれ以上食べるてしまうと、胃腸負担をかけるため控えておきましょう。

どうしても空腹状態が耐えれない場合は、運動後にタンパク質をたっぷり摂取してくださいね。

 

②運動1時間前におすすめの食事メニュー

運動前にオススメの食事メニュー3選!運動効果がUPする食事方法

1時間前のメニューは、先ほどよりも固形物が増えてきます。

消化吸収に十分な時間はありませんが、食後に少しゆっくりできるので、胃腸への負担は少なくなります。

コンビニで済ませられるものも紹介するので、自宅に帰って食事をできない方にもおすすめです。

  • おむすび
  • おでん
  • ゼリー
  • リンゴ

普段の食事より少ないメニューかもしれませんが、カラダの負担を軽減させてトレーニング効果を発揮させるためには、このくらいの食事がgood。

運動後にも食事をすることは可能なので、運動前は腹5分目程度に抑えておくようにしてくださいね。

ダイエット中の方は、運動後に食事をすることに抵抗があるかもしれませんが、低糖質なタンパク質メインの内容にすると太る心配はありません。

運動後は、茹でたササミや、豆腐のお味噌汁、枝豆などを食べ、空腹を感じさせないように工夫してくださいね。

 

③運動2時間前におすすめの食事メニュー

運動前にオススメの食事メニュー3選!運動効果がUPする食事方法

2時間前は、割と普段と変わらず食事をすることができます。

しかし、気を抜かず、なるべく消化がはやいものを選ぶことが大切です。

おすすめのメニューは以下の通りになります。

このメニューであれば、外食などでも食べることができますよ。

  • うどん定食
  • パスタ
  • サンドウィッチ
  • そば

うどんとおにぎり、サンドウィッチとフルーツなどを、組み合わせたメニューで、カラダに必要な栄養を補給しておきましょう。

ただし、天ぷらや糖質の多いクリームパスタ、からあげ等の消化の遅いものは避けるようにしてくださいね。

消化が早く、体内に栄養を十分に摂取できるものを食べて、軽いカラダで運動を行うことが大切です。

このように、運動前に食事をする場合には、気を付けなければならない点が多くあります。

食事のポイントをしっかり押さえて、トレーニング効果をUPさせてくださいね。

 

まとめ

運動前にオススメの食事メニュー3選!運動効果がUPする食事方法

いかがでしたか?

筋トレ前の食事は、運動の2時間前には終わらせておくのがベスト。

どうしても運動前に食事を済ませなくてはならない方は、紹介した3つのポイントを頭の片隅に置いておいてくださいね。

消化吸収のはやい食材を選び、カラダへの負担を軽減させましょう。


関連記事

-有酸素運動, 筋トレ, 食事メニュー

Copyright© 腹筋をバキバキに鍛える方法!筋トレや食事方法を大公開 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.