筋肉痛の解消法 肩周り

肩の筋肉痛が治らない原因は?肩の筋肉痛を緩和する3つのストレッチ

更新日:

肩の筋肉痛が治らない原因は?肩の筋肉痛を緩和する3つのストレッチ

  • トレーニング後に肩こりのような痛みがある
  • 肩の筋肉痛が治らない
  • 腕を上げると痛い

このような肩の筋肉痛は、どうして起こってしまうのでしょうか?

ここでは、肩の筋肉痛が治らない原因と痛みを解消する3つのストレッチ方法をご紹介します。

ぜひ、3つのストレッチを実践して、肩のツライ痛みから解放されてくださいね。

まずは、肩が筋肉痛になる原因をみていきましょう。

 

肩が筋肉痛になる3つの原因!治りにくい理由はコレだ

肩の筋肉痛が治らない原因は?肩の筋肉痛を緩和する3つのストレッチ

肩が筋肉痛になるとなかなか治らず、冷やしたりマッサージをしたり、いろんな方法を試している方も多いはず。

一体どうして、肩は筋肉痛になりやすいのでしょうか?

これから、肩が筋肉痛になる原因を3つに分けてご紹介します。

ご自分の肩がどうして筋肉痛になってしまうのかをみていきましょう。

筋肉痛の原因によって解消方法も異なるため、ご自分に合った方法を見つけてみてくださいね。

 

原因① トレーニングや運動で筋繊維が傷ついている

肩の筋肉痛が治らない原因は?肩の筋肉痛を緩和する3つのストレッチ

一般的に考えられる筋肉痛は、筋トレやスポーツなどの運動後に起こるもの。

運動によって筋肉の『筋繊維』がダメージを受け、この筋繊維が回復する際に炎症を起こして、筋肉痛になるといわれています。

スポンサーリンク

つまり筋肉痛は、筋肉が成長している証拠でもあるので、肉体改造中の方にとっては、ありがたいことなのかもしれません。

ですが、痛みが長引いてしまうと次のトレーニングにも全力で取り組むことができないため、一刻でも早く解消したいもの。

運動により筋肉痛は、運動後にすぐストレッチを行うことで、疲労物質が促され筋肉痛が和らぐ効果が期待できますよ。

筋トレに日々励んでいる方は、運動後の肩のストレッチを欠かさず行うようにしてくださいね。

この後、ストレッチ方法も詳しくご紹介します。

 

原因② 悪い姿勢が肩の筋肉に負担をかけている

肩の筋肉痛が治らない原因は?肩の筋肉痛を緩和する3つのストレッチ

運動を行っていないのに、肩が筋肉痛になるという方は、姿勢が原因の可能性が高いです。

猫背巻き肩のように肩が前方に傾いている状態は、肩に大きな負担をかけてしまいます。

スマホやパソコンで長時間作業を行っている方は、知らないうちにこの姿勢になっていることも。

肩まわりの筋肉が固くなり血行不良を起こすことで、老廃物や疲労物質が溜まり、筋肉痛を引き起こしてしまうのです。

姿勢による筋肉痛の主な改善策は、肩の骨を正しい位置に戻すこと。

前方に傾いている肩を、姿勢改善によって正しい位置に修正することで、肩の筋肉痛を避けることができますよ。

ここでは、姿勢改善効果の高いストレッチ方法をご紹介するので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

綺麗な姿勢が手に入ると共に、肩への負担も軽減できるので、肩こり解消効果も期待できます。

腕を上げても痛みを感じない肩を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 

原因③ 筋トレのフォームが正しくない

肩の筋肉痛が治らない原因は?肩の筋肉痛を緩和する3つのストレッチ

スポンサーリンク

『肩の筋トレをしていないのに、翌日肩が筋肉痛になる』という方は、トレーニングフォームが正しくない可能性があります。

スクワットデッドリフトを猫背のような丸まった背中で行っていると、背中や肩に大きな負担がかかり痛みが生じます。

トレーニングフォームが正しくなければ、筋肉痛ではとどまらず、筋や関節を痛めてしまうこともあるので、十分に注意しなければなりません。

例に出したスクワットやデッドリフトでは、お腹とお尻にしっかりと力と入れ、背筋を伸ばした状態で行うことが大切。

鍛えたい部分にしっかり効かせることができるよう、正しいフォームでトレーニングに励みましょう。

肩や背中は、トレーニングフォームが崩れてしまうと、特に痛みを生じやすい部分です。

鍛えてもないのに筋肉痛になったという方は、ぜひ一度フォームの見直しをしてくださいね。

 

肩の筋肉痛を緩和する3つのストレッチ方法

肩の筋肉痛が治らない原因は?肩の筋肉痛を緩和する3つのストレッチ

肩が筋肉痛になると、腕を上げ下げするだけでも痛みを感じてしまいます。

肩が重たく感じて、動くことすら億劫になる方が少なくありません。

そんな厄介な肩の筋肉痛は、ストレッチで解消することがおすすめ。

ストレッチは、運動の直後に行うのが良いといわれています。

ただし、筋肉痛がなかなか治らない場合でも、血行を促してカラダを温めてくれるので、痛みを緩和する効果が期待できますよ。

無理せず気持ちのいい程度にストレッチを実践してみましょう。

 

①キャットバックで肩や背中をほぐそう

このストレッチは、肩や背中、腰まわりもほぐすことができるため、筋肉痛を緩和するだけではなく、肩こり、腰痛解消にも効果的。

コツさえつかめばいつでもできるストレッチなので、ぜひ今すぐチャレンジしてみてくださいね。

猫が背伸びをする格好をイメージして行うとやりやすいですよ。

スポンサーリンク

  1. 四つん這いになりましょう。
  2. 背中を丸めて目線をおへそにします。
  3. ゆっくりと目線を正面に移しながら、腰をそらせましょう。

呼吸をしながら行うことがポイント。

まずは、5~10回程度行ってみましょう。

肩の力を抜いてリラックスをした状態で実践すると、筋肉の緊張がほぐれて効果アップ。

腕があがらなくてツライという方は、今すぐキャットバッグに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

②ストレッチポールで肩甲骨の凝りを緩和しよう

肩甲骨の動きをスムーズにすることで、肩まわりをほぐすことができます。

より簡単に肩まわりをほぐせるように、ストレッチポールを使用した方法をご紹介します。

ポールがない方や、使用する機会がない方は、バスタオルを丸めて代用してみてくださいね。

背中や肩、胸が伸びて、全身を気持ちよくスッキリとさせることが可能に。

さらに、姿勢改善効果も期待できるため、猫背や反り腰の方は、このストレッチで正しい姿勢を身につけましょう。

  1. ストレッチポールを寝かせておきます。
  2. ストレッチポールの端にお尻をのせてください。
  3. 背骨一本ずつポールにつけるように、仰向けになります。
  4. ポールに仰向けになったら両手を天井に向けて伸ばしましょう。
  5. 肩甲骨でストレッチポールを挟むようにしてください。

この動作を5~10回程度繰り返しましょう。

コツをつかむまでは、少し難しいストレッチなので、動画を見ながら行うのがおすすめ。

肩甲骨や肩まわりの筋肉がほぐれて、スッキリとしますよ。

肩の筋肉痛に、たびたび悩まされている方はぜひ挑戦してみてくださいね。

 

③簡単にできる肩のストレッチで筋肉をほぐそう

肩の筋肉痛が治らない原因は?肩の筋肉痛を緩和する3つのストレッチ

最後に座ったままでもできるストレッチ方法をご紹介します。

このストレッチで肩のコリやハリを和らげ、老廃物を排出しましょう。

  1. 座った状態で、右腕を左の腕にくっつけます。
  2. 左の肘を曲げてカラダに右腕を引き寄せましょう。
  3. 右肩が伸びているのを感じてください。
  4. 15秒間キープして、反対側も同様に行います。

この肩のストレッチは、きっと一度は行ったことがあるはず。

慣れているストレッチの方が緊張感なく行えるため、筋肉をほぐしやすくなります。

運動後の疲れているタイミングにサッとこのストレッチを行い、肩まわりをほぐしてみてはいかがでしょうか?

うっかり忘れてしまいがちな肩のストレッチを、今後しっかり行うだけでも、肩の筋肉痛を防げますよ。

ぜひ、3つのストレッチの中からお好きなものを選んで、習慣的に行ってみてくださいね。

 

まとめ

肩の筋肉痛が治らない原因は?肩の筋肉痛を緩和する3つのストレッチ

いかがでしたか?

肩の筋肉痛は、運動後のケア不足や、肩に負担のかかる悪姿勢で起こります。

まずは、痛みをストレッチで解消してから、ご自身のカラダを整えていくことが大切。

肩まわりの筋肉痛を防ぐためにも、習慣的に肩のストレッチを行うように心がけてみてくださいね。


関連記事

-筋肉痛の解消法, 肩周り

Copyright© 腹筋をバキバキに鍛える方法!筋トレや食事方法を大公開 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.