筋肉痛の解消法 胸・大胸筋

胸が筋肉痛になる原因と対処法!胸の筋肉痛を解消する方法2つ

更新日:

胸が筋肉痛になる原因と対処法!胸の筋肉痛を解消する方法2つ

  • 腕の付け根が痛い
  • 胸の筋肉痛がなかなから治らない
  • 運動をしていないのに、胸が筋肉痛になる

どうしてこのようなことが起こっていしまうのでしょうか?

ここでは、胸が筋肉痛になる原因や対処方法を紹介していきます。

原因や対処方法をきちんと押さえて、ツライ胸の筋肉痛を少しでも早く解消させましょう。

まずはじめに、胸が筋肉痛になる原因について説明します。

 

胸が筋肉痛になる3つの原因と対処方法

胸が筋肉痛になる原因と対処法!胸の筋肉痛を解消する方法2つ

筋トレに励んだ翌日に、胸の筋肉痛になる方は少なくありません。

筋トレのあとに筋肉痛が起こるということは、トレーニングが胸にきちんと効いている証拠。

ですが、筋トレやハードな運動をしていないのに、胸が筋肉痛になる方もいらっしゃいます。

一体どうして、ハードな運動をしていないのにも関わらず、胸が筋肉痛になってしまうのでしょうか?

この機会に、筋肉痛に関する知識を深めておきましょう。

それでは、胸が筋肉痛になる3つの原因を紹介していきます。

 

①トレーニングで筋肉の筋繊維が損傷している

胸が筋肉痛になる原因と対処法!胸の筋肉痛を解消する方法2つ

日々筋トレに励んでいる方は、ベンチプレスや、ダンベルフライなどのトレーニングで胸を鍛えているはず。

スポンサーリンク

胸の筋肉(大胸筋)は、カラダの中でも特に大きな筋肉のため、鍛えることで肉体改造の効率が一気にアップします。

カラダの中でも、比較的鍛える重要性が高い『大胸筋』。

スタイルアップを目指す方は、胸トレを行わない手はないですよね。

鍛えるのにおすすめの大胸筋ですが、実は激しい筋肉痛を伴ってしまうというデメリットも。

筋トレによって筋肉の繊維が傷つき、その筋繊維を修復する際に炎症を起こして筋肉痛が現れます。

胸は大きな筋肉なので、筋肉痛になりにくいといわれていますが、実際には鍛えた分だけ翌日にツライ痛みが。

筋繊維の損傷と修復を繰り返すことで筋肉は成長していくため、筋トレに励む方にとって胸の筋肉痛はありがたいものですが、痛みを早く解消する方法もインプットしておきましょう。

 

②悪い姿勢が原因で胸に負担がかかっている

胸が筋肉痛になる原因と対処法!胸の筋肉痛を解消する方法2つ

そもそも悪い姿勢というのは、猫背反り腰巻き肩などがあげられます。

こういった姿勢で生活を送っていると、カラダのあらゆる部分に負担がかかってしまうことも。

例えば、反り腰は腰がグッと反っているため、カラダのバランスをとるために腰や肩、背中の筋肉を使います。

筋トレをしていなくても筋肉痛になってしまう方は、これが原因かもしれません。

姿勢が悪いため、他の筋肉でバランスをとろうとし、他の筋肉が常に刺激されている状態になります。

筋トレよりは小さな負荷かもしれませんが、ずっとその状態を保持するため、筋繊維が傷ついて筋肉痛を引き起こすと考えられます。

原因不明の筋肉痛でお悩みの方は、まずは姿勢を改善してみましょう。

 

③胸の血行が悪くなっている

胸が筋肉痛になる原因と対処法!胸の筋肉痛を解消する方法2つ

スポンサーリンク

女性の場合、下着のサイズが合っていないと、締め付けられることで血行が悪くなってしまいます。

特に強く締め付けのあるブラジャーを付けている方は、血行が悪く疲労物質をうまく促せないことも。

それが原因で、胸の筋肉痛がおこってしまうのです。

運動をするときは、スポーツ用のブラジャーをするのはもちろんのことですが、普段もラフな下着をつけるようにすることで筋肉痛を避けられますよ。

寝るときだけでも、ナイトブラなどの締め付けのない下着を使用することで血行促進に役立ちます。

胸の筋肉痛を起こさないようにするためには、胸の血行を良くしておくことが、なによりも大切。

ストレッチやマッサージで血行を促進するのもおすすめですよ。

それでは、解消方法を引き続きみていきましょう。

 

胸の筋肉痛を解消する方法2つ

胸が筋肉痛になる原因と対処法!胸の筋肉痛を解消する方法2つ

筋肉痛の痛みを解消するためには、血行を促進させることが一番。

ここでは、2つのアイテムを使った血行促進方法を紹介していきます。

きっと、翌日にはツライ筋肉痛の痛みが、少しは緩和しているはず。

 

①ストレッチポールで胸のストレッチ

ストレッチは血行促進効果も高いと言われており、筋肉痛を予防するのにおすすめ。

特に運動後に行うことで、効果をより発揮させることができます。

筋肉痛になってからでも遅くはないので、痛みを緩和するために実践しましょう。

胸のストレッチ方法は山ほどありますが、その中でも効果を発揮しやすいものを紹介しますね。

それは、ストレッチポールというアイテムを使用したストレッチです。

スポンサーリンク

気持ちのいいストレッチなので、リラックスしながら取り組めますよ。

  1. ストレッチポールの上に仰向けになってください。
  2. 両膝を90度に曲げて足裏を床につきます。
  3. 両手をカラダの横に置きましょう。
  4. 手のひらを天井に向けておきます。
  5. そのまま、手の甲を床に沿わせながら腕を動かしてください。

鳥が羽ばたくような動きをイメージするとやりやすいですよ。

しっかりと深い呼吸をして、胸の中に酸素をたっぷり入れるように意識しましょう。

肩の力を抜くと、胸の付け根が伸びていることが感じられるはず。

気持ちのいい程度に、ストレッチで血行促進をしてくださいね。

 

③バランスボールで胸の凝りをほぐす

胸の凝りやハリをほぐして、血流を良くしましょう。

バランスボールを使用することで、簡単に胸まわりの血行を促進することができますよ。

バランスボールひとつあればいつでもできるので、家に1つ置いておくといいかもしれません。

そもそもバランスボールとは、血行を促す効果もある上、筋トレ、有酸素運動も行える優秀なトレーニングアイテム。

自分のカラダに磨きをかけたい方は、この機会にバランスボールをGETしてみませんか?

では、胸のコリやハリを和らげる方法を紹介していきます。

  1. バランスボールを床に置いてください。
  2. ボールの上に仰向けになります。
  3. ボールを肩甲骨の下にセットしましょう。
  4. カラダの力を抜いて、バンザイをします。

腕の付け根がのびていることを感じながら30秒間ストップ。

たったそれだけで、胸の血行を促進させてくれますよ。

バランスボールを使用したストレッチを行う場合は、周囲になにもない場所で行うことが大切。

万が一転倒したときに怪我のないよう、しっかりと環境を整えてから実践するようにしてくださいね。

気持ちのいい程度に実践しましょう。

 

まとめ

胸が筋肉痛になる原因と対処法!胸の筋肉痛を解消する方法2つ

いかがでしたか?

ツライ胸の筋肉痛は、カラダの血行を促すことで緩和させることができます。

今から胸のストレッチを実践して、よりはやくツライ筋肉痛から解放されましょう。

また筋肉痛を繰り返してしまう方は、姿勢や日頃のストレッチで、筋肉痛をできるだけ予防するように心がけてみてくださいね。


関連記事

-筋肉痛の解消法, 胸・大胸筋

Copyright© 腹筋をバキバキに鍛える方法!筋トレや食事方法を大公開 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.