筋トレ

筋トレの効率を抜群に上げる3つのタイミングとNGタイミング

投稿日:

筋トレの効率を抜群に上げる3つのタイミングとNGタイミング

筋トレに励んでいる方、『筋トレをするのに効率良い時間帯』を考えたことはありますか?

せっかくトレーニングに励むのであれば、効率よくカラダを鍛え上げたいですよね。

ここでは、できるだけ早く理想のボディを手に入れたい方のために、筋トレに効果的な3つの時間帯を紹介していきます。

ベストなタイミングで筋トレに励み、トレーニングの効率をアップさせましょう!

まずはじめに、筋トレをするのにNGなタイミングについて説明します。

 

筋トレをするNGな時間帯やタイミングを解説

筋トレの効率を抜群に上げる3つのタイミングとNGタイミング

筋トレをするための時間を作るのは、意外と大変なこと。

何とかしてやっと設けた時間は、もしかすると筋力アップに適していない時間帯かもしれません。

これから、筋トレにNGな時間帯を2つ紹介していきます。

このNGタイムにトレーニングに励んでいる方は、一度筋トレの時間を見直してみましょう。

今まで以上のトレーニング効果を発揮させてみてくださいね。

 

①就寝前の筋トレは睡眠の質を下げる

筋トレの効率を抜群に上げる3つのタイミングとNGタイミング

仕事終わりにトレーニングをされる方は、23時頃から筋トレをスタートすることも多いですよね。

スポンサーリンク

ジムが閉まるギリギリの時間帯に飛び込んで、サッと筋トレを行う姿をよく目にしますが、これでは睡眠の質が下がってしまいます。

筋トレをすると交感神経が優位になり、カラダが興奮しやすい状態になります。

そうなっている状態で入眠するのは至難の業。

睡眠の質が下がると、就寝中にカラダの回復がスムーズに行えなくなり、翌日疲れが残ってしまうケースも。

もし、この時間帯にしかトレーニングができないのであれば、筋トレ後にゆっくりと入浴やストレッチを行うことがおすすめ。

筋トレ終了後、2時間程度で交感神経が副交感神経に入れ替わり、カラダがリラックスモードになります。

副交感神経が優位の状態で入眠すると、睡眠の質もグンと上がりますよ。

就寝前に筋トレをする方は、ストレッチポールなどのアイテムで運動後のケアをしっかりと行い、カラダのモードを上手く切り替えられるようになるといいでしょう。

 

②食後の筋トレは胃腸に負担をかける

筋トレの効率を抜群に上げる3つのタイミングとNGタイミング

食後の筋トレは、胃腸に大きな負担をかけてしまうためNG。

食事を終えてすぐに筋トレをしているという方は、トレーニングの効率を下げてしまうので控えましょう。

食後に筋トレをすると、胃腸の働きが弱まり、消化吸収が上手く行えなくなります。

そうすると、体内に余分な脂肪が蓄積してしまい、ダイエット目的で筋トレをしている方にとっては逆効果に。

食後2時間以上空けるのが理想的ですが、せめて30分以上は時間を空けて筋トレに励むようにしてください。

ダイエット効果が期待できなくなるだけではなく、体内に老廃物や毒素が溜まりやすくなり、肌荒れや便秘を引き起こす原因にもなります。

食後は胃腸を十分に休めて、消化吸収の本来のパワーを発揮させましょう。

スポンサーリンク

 

筋トレの効率を抜群に上げる3つのタイミング

筋トレの効率を抜群に上げる3つのタイミングとNGタイミング

就寝前や食後に行う筋トレは避けたほうがいい、ということをお話ししました。

これから、筋トレに適した3つのタイミングを紹介していきます。

今まで就寝前や食後の筋トレを続けられていた方は、ぜひ筋トレの時間帯を見直してみてください。

では、筋トレ効果を抜群に発揮する3つのタイミングをみていきましょう。

 

①『食前の筋トレ』…筋肉の成長をサポートしてくれる

筋トレの効率を抜群に上げる3つのタイミングとNGタイミング

トレーニング後は栄養吸収率が高くなるため、食前の筋トレはとても効果的。

筋トレ後の食事内容は、栄養バランスが整っているものや、塩分・カロリーが低い和食中心の食事を意識しましょう。

特に、筋肉を構成しているタンパク質をメインに食べることがおすすめ。

タンパク質といえば、鶏肉や魚、大豆製品により多く含まれています。

豆乳を飲んだり、お味噌汁を一品加えるなどの工夫をして、筋トレの効率をアップさせてくださいね。

また、食前の筋トレには、ひとつ注意点があります!

もし筋トレを行う際に空腹状態になっているなら、おむすびやバナナなど吸収率の高いものを口にするようにしてください。

空腹状態での筋トレはエネルギー切れを引き起こしやすく、筋肉を分解してエネルギーに変えてしまうケースも。

せっかく鍛えて増えた筋肉量が軽減してしまうので、空腹状態での筋トレは控えておきましょう。

 

②『朝の筋トレ』…痩せやすいカラダを作ってくれる

筋トレの効率を抜群に上げる3つのタイミングとNGタイミング

筋トレを始めた理由が、ダイエットだという方も多いですよね。

筋トレで筋肉量を増やし、基礎代謝をアップさせることで、どんどん痩せやすいカラダへと改善されていきます。

スポンサーリンク

痩せるためには、カラダの代謝をあげることが一番のポイントです。

実は、『朝』に筋トレをすると、代謝がアップし、1日その状態で過ごすことができます。

カロリーが少し高いものを食べても、カラダが勝手に消費してくれるというのも嬉しい効果のひとつ。

また、筋トレの際にしっかりと呼吸を意識すると、体内に酸素がたっぷり取り込まれて、血行が促進されます。

カラダの血液循環が良くなることで、脳にもたっぷりと酸素が送られてるため、朝の筋トレは脳内をスッキリさせてくれる効果もあるんですよ。

仕事や家事の効率もあげることのできる『朝』に、トレーニングを始めてみてはいかがでしょうか?

 

③『夕方の筋トレ』…筋トレの効果を高めてくれて回復力も早い

筋トレの効率を抜群に上げる3つのタイミングとNGタイミング

就寝前のトレーニングはNGでしたが、夕方の筋トレはトレーニング効率をアップさせてくれます。

具体的には、夕方15時~18時の間がベストです。

この時間帯に筋トレをすると、トレーニングの後に夕食を食べることになるため、筋肉に必要な栄養素を摂取できます。

さらに、カラダに程よい疲労を感じさせてくれるため、夜の入眠がスムーズになり快眠効果もアップ。

寝ている間にしっかり筋肉が回復され、翌日の筋肉痛の緩和にもつながりますよ。

また、ジムに通っている方には、もうひとつ嬉しいメリットがあります。

夕方の時間帯はトレーニングをしている方が比較的少ないため、マシンの待ち時間はほぼなくなるでしょう。

トレーナーの方とも交流しやすいため、筋トレの知識を得たり、トレーニングの補助にもついてもらいやすい時間帯だといえます。

トレーナーの方を味方に付けることで、筋トレの効率を一気に上げることができるはず。

すでに理想のボディラインを手にしている人からの意見に耳を傾けながら、トレーニングに励みましょう。

 

まとめ

筋トレの効率を抜群に上げる3つのタイミングとNGタイミング

いかがでしたか?

筋トレの効率をアップさせる時間帯は、『食前、朝、夕方』の3つのタイミング。

このタイミングで筋トレに励むことができると理想的ですが、まずは無理せず、時間を作れるときにトレーニングをしてくださいね。

頑張った分だけ必ず結果がついてくるのが、筋トレの魅力のひとつですよ。

また、確実にカラダを変えるために、トレーニングだけでなく、休養と栄養をたっぷり摂ることも忘れずに。


関連記事

-筋トレ

Copyright© 腹筋をバキバキに鍛える方法!筋トレや食事方法を大公開 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.