エクササイズ 太もも

太ももを筋トレで細くする方法はコレ!4つのトレーニングを大公開

投稿日:

太ももを筋トレで細くする方法はコレ!4つのトレーニングを大公開

  • 太ももがズッシリとしている
  • ダイエットに成功したけど太ももは痩せない
  • 足がパンパンにむくんでいる

なぜ、このようなことが起こってしまうのでしょうか?

ここでは、太ももを筋トレで細くする、とっておきの方法をご紹介いたします。

4つのトレーニングを実践して、憧れの美脚を手に入れましょう。

まずは基礎知識として、太もも痩せが難しい原因を知っておくことが大切。

それではさっそく太ももに脂肪がつきやすい原因をみていきましょう。

 

太もも痩せが難しい原因とは?美脚になるには筋トレが1番

太ももを筋トレで細くする方法はコレ!4つのトレーニングを大公開

太ももはカラダの中でも『脂肪がつきやすく落ちにくい』部位。

これを実際に実感されている方も多いですよね。

なぜこのように太ももは脂肪が蓄積しやすいのでしょうか?

これには主に、血液循環が関係しているという説があります。

足は心臓から遠い場所にあるため、血液や水分が滞りやすいと場所。

血行が悪い部分は、冷えやすく脂肪が燃焼しにくくなってしまいます。

今あなたの太ももを触ってみてください。少しひんやりしていませんか?

スポンサーリンク

冷えたままにしていると、脂肪や筋肉が固まりどんどん太りやすい状態になります。

足の筋肉は、重力によって下に下がってきた水分や血液をポンプのように上に押し上げる働きをするため、足に筋肉がついている方は、このように足が冷えることがありません。

反対に筋肉の少ない方は、余分なものを押し上げられず、カラダに老廃物として蓄積してしまいます。

これこそが「太もも太り」の原因です。

足に筋肉をしっかりと付けることで、血行が促進され効果的に足痩せが可能になります。

そのため、美脚を手に入れるためには筋トレが1番!なのです。

それでは早速、ご自宅で簡単に取り組める太もも痩せトレーニングをご紹介します。

ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

 

魅せる脚を作るトレーニングメニュー5選!

太ももを筋トレで細くする方法はコレ!4つのトレーニングを大公開

ワイドパンツやロングスカートなど、足を隠してゆとりのあるものばかり履いていませんか?

それも足太りを招いてしまう原因のひとつ。

緊張感を持つためにも、たまにはスキニーパンツやショートパンツを履いてみてはいかがでしょうか?

『とてもじゃないけど、今は足を露出できない……!』という方は、今日から足痩せトレーニングを始めて魅せる脚を作りましょう。

脚太りは遺伝ではありません。

誰もが努力次第で美しい脚を手に入れることができます。

それでは、5つのトレーニングメニューをみていきましょう。

スポンサーリンク

 

①『スクワット』で太ももの脂肪にアタック

足のトレーニングといえば『スクワット』。

ゆっくりと丁寧に行うことで、魅力的な美脚を作ることできます。

スクワットは主に足を鍛えるトレーニングですが、お尻や、腰、お腹も一緒に引き締めることも可能。

あなたの見た目をワンランクアップさせてくれるトレーニングです。

  1. 足幅を腰はば程度にひらいて両手をまっすぐ前に伸ばします。
  2. 両膝を曲げて腰を下ろしましょう。
  3. 太ももと床が並行になるくらいまで膝を曲げてください。
  4. ゆっくりと両膝を伸ばして1の姿勢に戻ります。
  5. 膝の曲げ伸ばし運動を15回繰り返しましょう。

筋トレを久しぶりにする方や、筋力に自信のない方は、15回行うのも至難の業。

そんな方は無理をせず、10回程度でも構いません。

ご自身のペースで無理なく続けることが重要ですよ。

余裕のある方は、15回を少し休憩をはさみながら3セット行いましょう。

ポイントは、膝を曲げながら息を吸いこみ、膝を伸ばしながら息を吐ききること。

『1.2.3.4』とご自身でカウントして、4秒ほどかけて腰を下ろし、4秒かけて起き上がるくらいのゆっくりなペースで行うと、太ももの脂肪にアタックできますよ。

 

②『レッグレイズ』で内ももの贅肉を落とす

レッグレイズは、足の筋肉に加えて、下腹も鍛えることができます。

内ももの贅肉が気になる方は、このトレーニングにチャレンジしてみましょう。

キュッと引き締まった内ももはなかなか手に入りにくいもの。

このトレーニングを実践することで、きっとあなたも憧れの太ももを手に入れることができますよ。

  1. 仰向けになります。
  2. 足の間にバランスボールを挟んでください。(ボールがない方は、バスタオルで代用できます。)
  3. 両手はカラダの横について足を上に持ち上げます。
  4. 腰の角度が90度になったら、ゆっくり足を床に戻しましょう。
  5. 床にかかとがギリギリつかないところでストップ

この足の上げ下げを15回繰り返しましょう。

内ももにしっかり効かせるためには、バランスボールをギューっと挟むことが大切。

スポンサーリンク

足がプルプル震えるまで追い込めると、結果が出やすくなります。

15回を3セット行うようにしてください。

このレッグレイズは腰痛持ちの方は控えるよう、ご注意ください。

足を床に近づける際に、腰が床から浮いてしまい、腰に大きな負担がかかってしまいます。

もしトレーニングを実践してみて腰が浮いてしまうようであれば、腰の下にタオルや手を挟み、腰が床から浮かないよう十分に注意をして行いましょう。

 

③『ヒップリフト』で太ももを引き締める

ヒップリフトは、先ほどご紹介したレッグレイズと同様、横になったままできるトレーニングです。

ぜひ、就寝前のちょっとした時間にチャレンジを。

ヒップリフトは、名前の通りお尻を鍛えるトレーニングですが、太もも全体を引き締めることができます。

同時にヒップアップ効果も期待できるので、キュッと引き締まった足に、上がったお尻が手に入り魅力的な後ろ姿に……!

  1. 仰向けになり足の裏を床にピタリとくっつけて膝を曲げます。
  2. 両手を胸の前で交差してください。
  3. お尻を真上に持ち上げましょう。
  4. 膝から首までを一本の棒のようにします。
  5. そのまま30秒間キープ。

30秒間カウントして終了したら、30秒程度の休憩。これを3セット繰り返します。

余裕のある方は、片足をまっすぐ伸ばすと、さらにトレーニング効果を高めることができますよ。

このトレーニングは、お腹とお尻に力が入っていなければ、綺麗なフォームを作れません。

お腹とお尻の力を抜かないようにすることがとても大切です。

 

④内もものプニプニに効果的『ワイドスクワット』

『あれ?またスクワット?』と感じた方、実はちょっとフォームを変えるだけで、同じスクワットでもピンポイントで内ももを鍛えることができるんです。

①でご紹介させていただいたスクワットは、太ももや足全体を鍛えるトレーニング。

これからご紹介するワイドスクワットは、内もものプニプニを綺麗にシェイプアップさせることができるもの。

やり方は①でご紹介したものとほぼ同じですが、少しだけ違うので詳しくご説明します。

  1. 足幅を腰はば程度にひらいて、姿勢を正しましょう。
  2. 両つま先を思いっきり外側に向けましょう。(ココが重要です。)
  3. 膝をひらいたつま先と同じ方向に曲げてください。
  4. 太ももが床と並行になったらゆっくり膝を伸ばしましょう。

このスクワットは、大きくガニ股をするようなフォームで行います。

膝の曲げ伸ばしを15回、休みながら3セット繰り返しましょう。

膝を曲げながら息を吸って、膝を伸ばしながら息を吐きります。

トレーニングを繰り返していると、ジワジワと内ももに効いてきますよ。

姿勢を正したまま行うとインナーマッスルが鍛えられるので、お腹の引き締め効果も抜群です。

 

まとめ

太ももを筋トレで細くする方法はコレ!4つのトレーニングを大公開

いかがでしたか?

ご自宅で簡単にできるトレーニングばかりなので、ぜひ今日から実践してみてくださいね。

トレーニングの頻度は、2日に1回がオススメ。

寝る前や、お風呂に入る前などの空き時間を使って、美しさに磨きをかけましょう。

コツコツ太ももの筋トレを継続することで、きっと美脚をGETできますよ。

\筋肉サプリまとめ記事/

太ももを筋トレで細くする方法はコレ!4つのトレーニングを大公開太ももを筋トレで細くする方法はコレ!4つのトレーニングを大公開

スポンサーリンク




他にこんな記事も読まれています

-エクササイズ, 太もも

Copyright© 腹筋をバキバキに鍛える方法!筋トレや食事方法を大公開 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.