筋トレ

食後の筋トレがNGな理由は?食後にもできるオススメの筋トレを紹介

投稿日:

食後の筋トレがNGな理由は?食後にもできるオススメの筋トレを紹介

  • いつ筋トレをすると効果的なのだろうか?
  • 食後に筋トレをするとカロリー消費して痩せれる?
  • 食前に筋トレをするべき?

日々筋トレに励む方の中には、このような疑問をお持ちの方も多いはず。

ここでは、トレーニングの効果を最大限発揮させることができる時間帯を大公開!

また、『食後に行う筋トレはNG』といわれている理由もご紹介します。

効果的なタイミングに筋トレに励んで、効率よく理想のカラダを手に入れてくださいね。

それではまず、食後の筋トレが良くないといわれている理由をみていきましょう。

 

食後の筋トレがNGの理由は?

食後の筋トレがNGな理由は?食後にもできるオススメの筋トレを紹介

『食後に筋トレをするのはダメ!』という話を、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

ここでは、その理由を詳しくご紹介します。

食後に筋トレをしているという方は、今すぐトレーニング時間の見直しがおすすめ。

スポンサーリンク

結果がでやすくなる時間帯にトレーニングに励んで、確実な結果を出していきましょう。

 

理由① 胃腸に負担がかかる

食後の筋トレがNGな理由は?食後にもできるオススメの筋トレを紹介

食後は胃腸が活発に動いています。

そのタイミングで、筋トレをすると胃腸に大きな負担がかかってしまうのは、言うまでもありません。

胃腸の働きを弱くしてしまい、消化吸収が上手く行われなくなってしまいます。

体内に溜まった老廃物や毒素を、綺麗に排出させるためにも、食後は胃腸の働きを促進させてあげましょう。

食後の2~3時間は、筋トレをしないようにしてくださいね。

十分に時間を空けてトレーニングをすれば、血液も筋肉に行き届いて効率よく鍛え上げることができます。

とはいえ、なかなか時間を作れず、しょうがなく食後にトレーニングを行っている方もいらっしゃいますよね。

そういった方は、できるだけ消化の早いものを食べるようにしてください。

この後、食後でもできる運動方法をご紹介しているので、そちらもチェックしてみてくださいね。

 

理由② タンパク質が不足してしまう

食後の筋トレがNGな理由は?食後にもできるオススメの筋トレを紹介

筋トレ後は、筋肉の主成分であるタンパク質を摂取することで、トレーニング効果が抜群にアップします。

特にトレーニング終了後の30分間で良質なたんぱく質を摂ると、筋肉が効率よく成長するという研究結果がでています。

筋トレ前に食事を済ませていると、食欲がでず、タンパク質の摂取を怠ってしまう可能性も高くなります。

どうしても食欲のでない場合は、プロテインでサッとタンパク質を摂取することもおすすめですが、なるべく筋トレ後にご飯を食べるようにして、カラダに必要な栄養素を取り入れてくださいね。

 

食後にもできる3つのオススメ筋トレ

食後の筋トレがNGな理由は?食後にもできるオススメの筋トレを紹介

食後の筋トレはNGというご説明をした後なので、タイトルを見て不信感を抱いた方も多いはず。

スポンサーリンク

しかし、実は食後でもできる軽めのトレーニングがあります。

軽めのトレーニングは、血糖値の急上昇を避けたい方におすすめ。

運動強度がとても低く、肉体改造には効果を発揮しないため、血糖値をコントロールするというつもりで実践してみてください。

血糖値の急上昇を避けられるため、肥満ホルモンのインスリンの分泌を抑制できる効果も。

その結果、太りにくいカラダを作ることが可能になります。

では、カラダに負担をかけずに行える軽い運動をみてみましょう。

 

①スクワット

食後の筋トレがNGな理由は?食後にもできるオススメの筋トレを紹介

スクワットは、足の筋肉を鍛えるトレーニングです。

食後の場合は、一般的なスクワットよりも軽めに行うことがポイント。

では、血糖値の急上昇を下げる簡単なスクワットのやり方をご紹介します。

  1. 足幅を腰幅程度に開きます。
  2. 両手を胸の前に交差。
  3. 両膝を軽く曲げましょう。
  4. ゆっくりと元の姿勢へと戻します。

この膝の曲げ伸ばしを5回×2セットこなしてみてくださいね。

回数は目安なので、ご自分のペースで行いましょう。

 

②プッシュアップ

食後の筋トレがNGな理由は?食後にもできるオススメの筋トレを紹介

プッシュアップは、胸のトレーニング。

胸の付け根から、カラダを動かすようにイメージして実践しましょう。

体内に酸素をたっぷり入れるため、呼吸をしながらトレーニングを行うのがコツ。

呼吸の方法もまとめているので、参考にしてみてくださいね。

  1. うつ伏せになりましょう。
  2. 手のひらを床にくっつけます。
  3. 膝を曲げて床につけてください。
  4. 肩の下に手がくるようにセット。
  5. 息を吸いながら肘を曲げてください。
  6. 次に、息を吐きながら肘を伸ばします。

この肘の曲げ伸ばしを5回×2セット

肘は軽く曲げることができれば十分です。

食後のトレーニングは、ボディラインを変えようとせず、健康のために実践してくださいね。

スポンサーリンク

また、病院に通われている方は、必ず医師に相談した上でトレーニングを行いましょう。

 

③踏み台上昇運動

食後の筋トレがNGな理由は?食後にもできるオススメの筋トレを紹介

踏み台昇降運動は、階段などの段差を利用して行う有酸素運動です。

有酸素運動は、体内に酸素を取り入れてながら行うものなので、カラダの血行促進に効果的。

ハードにこなすのではなく、ちょっと楽しむ程度にカラダを動かしてみてはいかがでしょうか?

食後の眠気やだるさをスッキリさせてくれますよ。

  1. ステップ台、または階段に登りましょう。
  2. 登っては降りるを繰り返します。
  3. しっかりと腕を振って肩甲骨を動かしてくださいね。

この上り下りを20回程度繰り返しましょう。

背筋を伸ばして行うと、胸にたっぷり新しい空気を取り込めますよ。

この3つのエクササイズで、できそうなものがあれば挑戦してみてくださいね。

血行をよくして、食後の気だるさを吹き飛ばしょう。

 

まとめ

食後の筋トレがNGな理由は?食後にもできるオススメの筋トレを紹介

いかがでしたか?

食後にハードな筋トレを行うと、胃腸に負担がかかりトレーニング効果が発揮されにくくなります。

本格的な筋トレは、食後2~3時間ほど時間を空けて行うように心がけましょう。

もし、食後にトレーニングをしたいのであれば、今回ご紹介した軽めのエクササイズに挑戦してみてください。

カラダに負担のかからない、正しいトレーニングを実践してくださいね。

\筋肉サプリの記事特集はこちら/

食後の筋トレがNGな理由は?食後にもできるオススメの筋トレを紹介食後の筋トレがNGな理由は?食後にもできるオススメの筋トレを紹介

他にこんな記事も読まれています

-筋トレ

Copyright© 腹筋をバキバキに鍛える方法!筋トレや食事方法を大公開 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.