筋トレ

夜の寝る前に筋トレで美ボディになる方法!効果的な時間帯を大公開

更新日:

夜の寝る前に筋トレで美ボディになる方法!効果的な時間帯を大公開

  • 夜に筋トレをすると翌朝疲れない?
  • 夜に激しいトレーニングはNG?
  • 筋トレは朝にした方が効果的?

夜トレに興味はあるけど、このようなお悩みを抱えている全ての方へ。

これから、夜寝る前に筋トレをして、効果を発揮させる方法を詳しくご紹介します。

夜トレは、やり方次第で効率よく美ボディを作ることができますよ。

さっそく今夜からトレーニングを始め、魅力的なボディラインを手に入れてみませんか?

まずは、寝る前の筋トレで得られる効果をみていきましょう。

 

夜の寝る前に筋トレをするとこんな効果が!3つの効果でスタイルUP

夜の寝る前に筋トレで美ボディになる方法!効果的な時間帯を大公開

『筋トレにおすすめの時間』とは、一体いつなのでしょうか?

せっかくトレーニングを頑張るのであれば、より効率的に行いたいですよね。

筋トレの効果を最大限発揮して、できるだけ早く結果を出したいという方には、夜の筋トレがおすすめ。

これから夜の筋トレの3つの効果を詳しくご紹介していきます。

 

効果① 睡眠の質が上がる!筋肉の超回復が効率的

夜の寝る前に筋トレで美ボディになる方法!効果的な時間帯を大公開

トレーニングをすると、交感神経というカラダを興奮状態にするホルモンが優位になるため、寝る直前のトレーニングは眠りにつきにくくなります。

ですが、寝る1~2時間前の筋トレは、カラダに適度な疲労感を与えて眠りにつきやすくしてくれる効果があります。

スポンサーリンク

それだけではなく、交感神経から副交感神経というリラックス状態に切り替わるため、睡眠の質がアップ。

快眠にも効果的なので、カラダとともに筋肉も十分な休養をとることができますよ。

筋肉は、トレーニングをすると一度筋繊維が傷つきます。

傷ついた筋繊維は、休養することで回復をします。

この筋肉の回復のことを『超回復』と呼びます。

寝る1〜2時間前にトレーニングをすれば、十分な睡眠と共に『超回復』が行われるため、自然と筋トレ効果もアップ。

翌朝もスッキリと目覚めることができるのでおすすめですよ。

日々、トレーニングを実践していると、筋肉量が増えカラダが軽やかになる効果も。

1日中なんだかカラダがダルい。という方は、フットワークの軽くなる筋トレを今夜から始めてみませんか?

 

効果② 余分な脂肪を燃焼!ダイエット効果が抜群

夜の寝る前に筋トレで美ボディになる方法!効果的な時間帯を大公開

筋トレをする目的がダイエットという方はとても多いはず。

そんな方にも、夜トレがおすすめ!

夕食で摂ったカロリーを、筋トレで消費することができるます。

ただし、筋トレはランニングや、ウォーキングのように大幅なカロリー消費は期待できません。

しかし、カロリーを消費しながら、基礎代謝を上げる効果があるため、運動をしていない間も脂肪を燃焼してくれるようになります。

つまり、たくさん食べても太らない『ヤセ体質』に近づくことが可能!

スポンサーリンク

食べてすぐに寝てしまうと、胃腸の働きも低下してしまうために、余分な栄養もカラダに脂肪として蓄積されてしまいます。

それを防ぐことができるので、ダイエットにも成功しやすいんです。

 

効果③ 体内の老廃物を排出できる!便秘解消効果

夜の寝る前に筋トレで美ボディになる方法!効果的な時間帯を大公開

先ほどもお話しさせていただいた通り、食べた後に寝てしまうと胃腸の働きが低下し、体内に老廃物をため込んでしまうケースも。

そうすると代謝も下がり、太りやすい体質になってしまいます。

夜の筋トレを行うことで、筋肉がお腹を刺激し腸内の働きが活発になります。

腸の働きが良くなると、体内に溜まっている老廃物や毒素が体外に排出されるため、便秘解消にも効果的。

翌朝、スッキリとしたお腹で過ごすことができますよ。

カラダを内側から綺麗にデトックスさせていきましょう。

 

夜トレの効果を最大限発揮させる3つのポイント

夜の寝る前に筋トレで美ボディになる方法!効果的な時間帯を大公開

筋トレの効果を発揮させるためには、3つのポイントを守る必要があります。

普段ゆっくりと休んでいる夜に、筋トレを行うことは、少なからずカラダに負担をかけてしまいます。

そこで、いかにカラダをいたわりながら筋トレをするかが、夜トレの重要なポイント。

ここでは、カラダへの負担を最大限減らしながら、理想のボディラインを手に入れる方法をご紹介します。

それでは、3つのポイントを見ていきましょう。

 

①睡眠の1~2時間前に筋トレを行う

夜の寝る前に筋トレで美ボディになる方法!効果的な時間帯を大公開

寝る直前までハードな筋トレに励んでいると、興奮した状態のままになり、なかなか眠りにつくことができません。

睡眠前の1~2時間前までには筋トレを終わらせておくことが大切。

スポンサーリンク

例えば、毎日23時に就寝している方は、21時~22時までに筋トレを終えるようにしてください。

そうすることで、睡眠の質も高まり、快眠効果も期待できますよ。

しっかりと疲れをとって、翌日シャキッとした1日を過ごしましょう。

 

②食後すぐは厳禁!トレーニング後の栄養補給も忘れないよにする

夜の寝る前に筋トレで美ボディになる方法!効果的な時間帯を大公開

食後に筋トレをするのはNGです。

食後は、胃腸などの内臓が消化吸収のために働いているため、内臓の動きが活発になります。

そんな中で、筋トレをすると内臓に大きな負担がかかってしまいます。

消化吸収がうまく行えず、余分な栄養まで脂肪として蓄積してしまうケースも。

残念なトレーニング結果を出さないために、食後の30分間は筋トレを行わないようにしましょう。

また、筋トレ後の栄養補給も忘れてはいけません。

筋トレ後は、栄養を吸収しやすくなってします。

そのタイミングで、筋肉を作る『タンパク質』を摂取すると筋力アップに効果的。

タンパク質は、鶏肉や、魚、卵や大豆製品に多く含まれています。

筋トレをした後にこれらの食材を食べるのもオススメですが、夜のカロリーは摂取は控えたいですよね。

そんな方には、プロテインがおすすめ。

タンパク質が豊富に含まれている上に、ビタミンやミネラルなどカラダに必要な栄養を比較的低いカロリーで摂取できますよ。

食後すぐの筋トレは避け、筋トレ後のタンパク質摂取を忘れずに。

この2つに気を付けて、夜の筋トレに励みましょう。

 

③筋トレ前後のストレッチは念入りに行う

夜の寝る前に筋トレで美ボディになる方法!効果的な時間帯を大公開

筋トレ前後のストレッチを念入りに行うことも、とても大切。

日中活動している間に筋肉がすでに温まっているので、夜の筋トレは比較的怪我をしにくいといえます。

しかし、運動前後のストレッチを怠ってしまうと、筋肉痛が悪化してしまうケースも。

筋肉痛を和らげて、次回の筋トレに励むためにもストレッチは念入りに行いましょう。

また、ゆっくりとストレッチを行うことで、脳内のスイッチがオフに切り替わり、快眠にも効果的。

ご自身で実践するセルフストレッチでも十分な効果が得られますが、ストレッチポールなどのアイテムを使うのもおすすめですよ。

ストレッチだけではなく、ゆっくりと入浴したりセルフマッサージを行うことも、癒し効果が抜群です。

1日の終わりに、ストレッチとリラックスも兼ねた、ボディメイクをしてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

夜の寝る前に筋トレで美ボディになる方法!効果的な時間帯を大公開

いかがでしたか?

夜の寝る前に筋トレを行うと、朝や日中とは違いカラダに疲労を感じることも。

そんなときは無理にハードなトレーニングはせず、ストレッチやマッサージでカラダを整えましょう。

適度な筋トレは、カラダと共に心もスッキリさせてくれます。

1日の終わりに心身ともにリセットさせて、翌日シャキッと過ごしてくださいね。

理想のスタイルを手に入れられるよう、今日から夜トレに励んでみてはいかがでしょうか?


関連記事

-筋トレ

Copyright© 腹筋をバキバキに鍛える方法!筋トレや食事方法を大公開 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.